アフターピルを大至急!

無印のアフターピル、調整した生理の次の生理は遅れる

アフターピルは性交渉において避妊に失敗した時、やむを得ず用いる緊急避妊のための薬です。日本で使われることが多いアフターピルは大きく分けて2つあります。一つはヤッペ法、もう一つはノルレボです。
ヤッペ法は中容量ピルを使った避妊のやり方です。避妊に失敗した性交渉後、72時間以内に中容量ピルを服用します。その12時間後、さらに中容量ピルを服用します。
ノルレボは避妊に失敗した性交渉後、72時間以内に服用しますが、この一回だけでアフターピルの服用は終わりです。
アフターピルを使って避妊に成功し、妊娠しなかった場合は数日で生理が起きます。服用後7日で出血することが多いですが、早い人は3日で起こることもあります。これは個人差なので心配ありませんが、これは薬によって引き起こされた生理ですので、自然な生理ではありません。そして、その後もう一度自然な生理が起こります。つまり、アフターピルを服用した月は二度生理が来ることになります。よく「調整した生理の次の生理は遅れる」と言われますが、そのようなことはあまり無いようです。調整した生理の次の生理は遅れるのは避妊の影響で生理不順になったためかもしれません。もし調整した生理の次の生理は遅れるのであれば、産婦人科に相談するべきでしょう。
アフターピルは基本的に産婦人科の専門医に処方してもらうことが勧められていますが、そのようなことが難しい場合はインターネットの通販サイトで購入することもできます。しかし、この場合も無印の薬は避けるほうが無難です。無印の薬の場合、様々な混ぜ物が混入されている場合が多く、そのような物質が人体にどのような影響を与えるかは予測できません。無印でなくとも、有名な薬と有効成分が同じジェネリック医薬品ならば価格も安いです。