アフターピルを大至急!

アフターピルは病院と通販どっちが安い?

アフターピルというのは、女性ホルモンを化学的に合成したものが有効成分となっており、避妊に失敗して望まない妊娠をしそうだというときに服用することによって、排卵や子宮内膜が厚く成長するのを抑制し、妊娠を未然に防ぐといった効果が期待できるものです。
通常であれば妊娠してしまうところを阻止するだけの強い効き目をもった医薬品であることから、日本国内では処方箋薬とよばれるカテゴリーに属しており、医師の処方箋がなければ一般には入手できないことになっています。病院で医師から処方を受ける場合、問診を含めて患者との直接の面接による診察行為をまったく伴わないというのは想定されず、したがって、国内の病院や薬局が通販でアフターピルの処方に応じてくれることは期待できないものと考えたほうがよいでしょう。
しかし、こうした処方箋薬についての例外的な取り扱いとして、個人がみずから使用するものであって、海外からごく少量だけを輸入する場合があります。これは国内での医薬品としての承認が間に合わないような難病の治療薬などを海外から入手することがそもそもの法律上の趣旨であるため、当然ですがアフターピルをこの制度によって個人輸入した場合、何かトラブルがあったとしてもそれは自己責任になってしまうという側面があります。
アフターピルの通販に関して考えられるのは、避妊失敗からすぐに注文したとしても、アフターピルの制限時間である48時間以内には手元に届かないということがまず第一に挙げられます。また、国内と違って海外には悪徳業者も多数存在しているため、信頼のおける業者をよく選ばないと、お金だけを受け取って偽物を送りつけてくる詐欺に遭うリスクにも配慮しなければなりません。