アフターピルを大至急!

アフターピルの服用失敗の原因とは

アフターピルを服用したのにも関わらず、稀に避妊に失敗してしまうことがあります。
確率的には、アフターピルによる服用失敗の確率としては、およそ2パーセントくらいであるといわれています。
ですから、通常であれば、避妊に失敗するということはないということがいえます。
では、なぜアフターピルの服用失敗が起こるのかというと、まずは飲み忘れがあるということが挙げられます。
飲み忘れについていえば、アフターピルの場合、ピルを2回に分けて服用することが多いですから、2度目の服用を忘れたり、服用をするのが遅れてしまって服用失敗となるケースが考えられます。
ですから、飲み忘れに気付いたら、なるべく早めに服用することが大事になってきます。
また、1度の服用で済むピルも中にはありますから、飲み忘れが心配な人は、そちらのピルを服用するとよいでしょう。
次に、アフターピルの効果が減ってしまうことにより、避妊回避が失敗となるケースがあります。
どうしてアフターピルの効果が減ってしまうのかというと、ピルの副作用で吐き気がしてきて嘔吐をしてしまい、薬の成分も一緒に出してしまうからです。
このような場合は、薬の成分が体内に吸収されずに服用失敗となる可能性があります。
他にも、アルコールに関しては、ピルの効果に直接的に影響を与えることはありませんが、大量に飲酒をすると嘔吐や下痢をしてしまって、ピルの成分が体内から出て行ってしまうので、避妊が失敗に終わる可能性があります。
最後に、アフターピルは個人輸入で入手することができますが、そのような場合はすべて自己責任になりますから、たとえ強い副作用が出たとしても自分で対処しなくてはいけません。
ですから、使用をする場合は十分注意が必要になってきます。