アフターピルを大至急!

アフターピルは避妊効果の高いお薬です

アフターピルは、避妊に失敗した際に望まない妊娠をしないために使う緊急の避妊薬です。
性犯罪など性行為を強要されたときに、妊娠しないために被害者を救う役割もあります。
アフターピルは2回服用します。
1回目は性行為の72時間以内で、2回目は1回目の服用後12時間経ってから服用します。
72時間以内に服用することで、受精から着床にかかる期間より前に生理を起こすことができます。
妊娠を回避する確率は高く、性行為の後できるだけ早く服用すると95%以上の確率で避妊します。
アフターピルは、産婦人科などで処方されます。
日本で認可されているのは、プラノバール錠とノルレボ錠の2種類です。
それぞれの避妊率はプラノバール錠が96.8%、ノルレボ錠が98.6%と言われています。
現在では、病院の処方箋を必要としないインターネット通販でアフターピルを個人輸入することも可能です。
ノルレボ錠と同じ成分を配合したアイピルやマドンナ、ポスティノールが人気です。
アフターピルの副作用には頭痛や吐き気、倦怠感などがあります。
また経血量が増えたり減ったりします。
副作用の多くは服用してから数時間後に現れ、24時間以内に治まります。
一時的なものと考えて、症状が治まるのを待ちます。
アフターピルは、脳血管障害や血栓性静脈炎などの病気にかかったことがある人は使えません。
また喫煙者の服用も避けた方が良いです。
妊娠を回避できたかどうかは、消退出血の有無で分かります。
服用してから10~20日後に出血があります。
多くの避妊具があり、その中でもピルは有名です。
アフターピルは使用する時の安全性や確実性を考慮したものです。
万が一の時のために準備しておくと良いです。

■個人での使用の場合は用法用量を守りましょう
モーニングアフターピルで生理不順を改善
■人気の高いアイピルを念のため、通販で手元においておきましょう
アイピル通販の良い点